読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WBC第2ラウンド

WBC2017 第2ラウンド

激闘の第2ラウンドを終え、侍ジャパンは全勝で決勝ラウンドに突入します。明日はアメリカ戦、勝てば明後日にはプエルトリコとの決勝戦になります。練習試合ではなんやかんやと言われていましたが、史上初の全勝での決勝ラウンド進出を達成しました。このままあと2戦勝ち抜いて、全勝での優勝を期待したいですね。

ひとまず第2ラウンドまでの6試合分の成績をまとめました。WBC本戦のみの成績なので、アリゾナでの練習試合は含まれていません。

各試合結果

打撃成績まとめ

f:id:k0_bbdata:20170321222546p:plain

選手の順番は前回と揃えてあります。パッと見、筒香、中田、坂本がかなり良さそうですね。地味に菊池選手の三振数が最も多いのが驚きました。もちろん打席数多いのもありますが。

次に、打率、OPSだけですが、第1ラウンド終了時点での成績との比較をしてみます。

f:id:k0_bbdata:20170321222754p:plain:w300

山田の数字が明らかに上がりましたね。キューバ戦の2HRをはじめ、第2ラウンド3試合で6安打と調子を上げてきています。

あとは、良くも悪くも、スタメン勢で調子が大きく変わっている選手はいなさそうですね。青木は多少数字は上がっているものの、物足りない感じは否めません。秋山も控えているので、鈴木も含め、筒香以外の外野2枠をどうするか、が鍵になりそうですね。

投手成績まとめ

f:id:k0_bbdata:20170321222824p:plain:w600

先発陣では、石川、菅野が打ち込まれたことで数字がかなり悪くなっています。対象的に、ここまで無失点の千賀が光りますね。

リリーフ陣では、秋吉、牧田、平野の登板数がかなり多いです。というか、この3人は第2ラウンド3試合すべてに登板していますね。この3人が軸になっていることがわかります。

まとめ

がんばれ侍ジャパン